2021年上半期発売ハーゲンダッツ「また食べたい!」ランキング!

目次

ハーゲンダッツとは

世界規模で営業展開しているゼネラル・ミルズという食品会社が所有する高級アイスクリームブランドで
日本ではサントリーとタカナシ乳業を含めた3社で合併している「ハーゲンダッツジャパン株式会社」が販売している。
『ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)』とはコペンハーゲンの「ハーゲン」とその余韻がマッチする「ダッツ」を組み合わせた
造語である。

日本におけるハーゲンダッツ

1984年に日本法人が設立され、東京都港区青山に第一号店がオープンした。日本第1号店が開店した際には、長い行列ができたことが多くのマスコミに取り上げられ話題となり、ブームとなった。
当時日本ではアイスクリームは子供の食べ物という概念があり、ハーゲンダッツは大人の高級アイスクリームというイメージを打ち出すため、テレビCMを作成。大人の消費者の獲得に成功した。
また、先行していたレディーボーデンがパイント(473ミリリットル、8分の1米ガロン)しかないなか、1食分をコーヒー1杯程度の価格で販売するミニカップ(120ミリリットル、2021年現在は110ミリリットル)を主力に据え、手軽に購入できるようにしたことも拡販に一役買っている。
セクシーな外国人男女が絡み合い、最後に「Shall we Häagen-Dazs?」というセリフで締めるテレビCMは、当初は日本のみのオンエアであったが、日本での評判を受けて世界各国で同様のCMがオンエアされるようになった。

2021年上半期発売ハーゲンダッツ「また食べたい!」ランキング

その名の通りハーゲンダッツ新商品の中で「また食べたい」と思うフレーバーについて聞いてみたランキングです。

第10位 クリスピーサンド『香り広がるミルクコーヒー』

コーヒーとミルクが混ざり合う優しい味わいのミルクコーヒーをクリスピーサンドで表現!
コーヒーオイルとコーヒーパウダーを混ぜ込んだコーヒーウエハースを新たに開発しました。かじりついた瞬間、
コーヒーの香ばしさが口にいっぱいに広がります。

第9位 ミニカップ『マンゴー&パッションフルーツ』

甘く香り高いマンゴーと爽やかな酸味のパッションフルーツを組み合わせた、夏を感じられるトロピカルなジェラートです。
食感を楽しめるよう果肉を加えたマンゴージェラートと、酸味と甘味のバランスが良い品種を使用したパッションフルーツジェラートを組み合わせました。フルーツの濃厚な味わいと芳醇な香り をお楽しみいただけます。

第8位 ミニカップ『ヘーゼルナッツ&ミルク』

香ばしいヘーゼルナッツの味わいと、すっきりした後味のミルクを組み合わせた夏にぴったりなジェラートです。
ナッツ特有の風味と濃厚な味わいを引き出したヘーゼルナッツジェラートと、隠し味に塩を加えた甘さとキレのあるミルクジェラートを組み合わせました。ヘーゼルナッツとミルク、それぞれの濃厚な味わいをお楽しみいただけます。

第7位 ミニカップ『濃厚ロイヤルミルクティー』

紅茶好きの方にも満足していただける“濃い”ミルクティーアイスクリームをつくりたいとの思いから開発しました。
アイスクリームそのものの濃い色合いから、一口食べた瞬間に口いっぱいに広がる“濃香”な味わいまで、心ゆくまでお楽しみいただけます。

第6位 バー『抹茶クロッカン』

抹茶の魅力を堪能できる抹茶尽くしのバーです。風味豊かな抹茶アイスクリームを
ほろ苦くザクザクとした食感の抹茶クッキーを散りばめた抹茶コーティングで包みました。
アイスクリーム、クッキー、コーティングに抹茶を使用しており、旨味や香り、ほろ苦さなど、
抹茶の奥深い味わいをザクザク食感とともにお楽しみいただけます。

第5位 ミニカップ『バニラ&クランチショコラ』

人気のバニラとチョコレートの相性抜群な素材を組み合わせ、クランチのサクサク食感も楽しめるぜいたくなパフェの味わいを表現しました。
ホワイトチョコレートを加えたコク深いバニラアイスクリームと、とろりとしたほんのりビターなチョコレートソース
サクサクとした食感のフィアンティーヌ入りビターコーティングを層状に重ねました。
食べ進めるにつれて、味わいと食感の変化をお楽しみいただけます。

第4位 ミニカップ Decorations『抹茶チョコレートクッキー』

香り高く上品な甘さの抹茶アイスクリームにカカオの香りを引き出したチョコレートソースを混ぜ込み、ザクザクとした、見た目も鮮やかな抹茶とココアの2種類のクッキーをトッピングしました。抹茶とチョコレートの甘くほろ苦い味わいや、2種類のクッキーによるぜいたくな食べ応えを楽しめます。

第3位 クリスピーサンド『スイートストロベリー』

ストロベリーの果肉をぜいたくに混ぜ込んだ華やかな甘さのアイスクリームを
見た目も可愛らしいストロベリーチョコレートコーティングで包み、サクサクとしたウエハースでサンドしました。
ごろっと入ったストロベリー果肉の食感と、甘酸っぱいフルーツ本来の味わいを存分にお楽しみいただけます。

第2位 ミニカップ Decorations『アーモンドキャラメルクッキー』

ほろ苦いキャラメルソースを混ぜ込んだキャラメルバタースカッチ※アイスクリームに、スライスアーモンドとバタークッキーをトッピングしました。
濃厚な味わいのキャラメルとパリパリとした香ばしいスライスアーモンド、ザクザク食感のクッキーが合わさり、
最後のひとくちまで食べ飽きない味わいを楽しめます。

第1位 ミニカップ『ストロベリーチーズケーキ』

北海道産クリームチーズを使用したベイクドチーズケーキアイスクリームに、
甘酸っぱいストロベリーソースと、ほのかに塩味を効かせたチーズクッキーを混ぜ合わせました。
コク深く濃厚な味わいのベイクドチーズケーキと爽やかで甘酸っぱいストロベリーの組み合わせを、
香ばしいクッキーの食感とともにお楽しみいただけます。

まとめ

全体的にストロベリーと抹茶を使った商品が上位を占めていました。
こういうのは王道のバニラとかだと思ってましたが、意外と違うものが人気なんですね。
2010年頃から流行しだした甘すぎない、さっぱりとした味の抹茶はアイスとしてもジャンルとして確立しています。
ストロベリーはやはり女性に人気でスイーツを好む女性の舌にはバッチリあったものだと思います。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

J-MAXグループのお店を探す

オススメお役立ちコラム
オススメお役立ちコラム
お店のリアルな雰囲気はこちらをチェック!
お店のリアルな雰囲気はこちらをチェック!
目次
閉じる